Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイレンサー

純正のサイレンサーに不満はないですか?サイレンサーは本来、排気音を低減する装置です。メーカー純正のサイレンサーは、さまざまな規制をクリアするためエンジンの性能を100%発揮できない仕組みとなっています。これを改善するために、各メーカーからさまざまなサイレンサーが発売されています。

サイレンサーにもさまざまな種類があります。サイレンサーの素材にも種類があり、それぞれ特徴があります。いわゆるマフラーと同義語として、サイレンサーと言われることもありますが、その意味では、サイレンサーの素材としても、わけることができます。素材は、ステン(ステンレス)、チタン、カーボン、アルミなどがあります。それぞれ特徴があり、好みもあるとおもいます。安価で錆びないステン(ステンレス)高価だが、軽く、錆びないチタン、また、チタンのサイレンサーは、高温になった部分が変色し、いわゆる焼け色がつくのですが、それが、スポーティーな感じで綺麗な焼け色がつきます。カーボンは炭素素材です。軽量化のための素材ですが、素材、見た目が独特なところから、ステンにカーボンを巻いているものも多く、外観の良さを強調できます。

パワーの向上を考慮したマフラーの原理は、排気ガスをスムーズにマフラー内に流すことにより、性能の向上を図ることという物です。当然、排気音も大きなものになります。そのままでは、公道の保安基準も守れないものも存在します。そのような方には、インナーサイレンサー(フランジサイレンサー)をつけることをお薦めします。インナーサイレンサー(フランジサイレンサー)を装着すると排気音を抑えることができ、公道の保安基準内に音を調整することができます。

インナーサイレンサーの購入を考えているなら、SFCがお薦めです。SFCは、インナーサイレンサー(フランジサイレンサー)の専門店。チタンテールアウター、インナーサイレンサーなど、数多くのパーツを写真で観ることができます。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。