Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟年離婚の増加

離婚と言うと、結婚5年未満の夫婦の離婚率が多いのではないかと思います。しかし、近年変わってきたことと言うと、結婚20年以上のいわゆる熟年と言われる夫婦による離婚が増えていることです。
子育ても一段落ついたし、夫も仕事を定年退職したし、自分も第二の人生を歩みたい人がふえてきているようです。

離婚は考えているよりいいものではなく、女性の場合は経済面での心配、男性の場合は生活(家事)面での心配が懸念されます。本当に離婚をしようと考えている方は、離婚時に発生する慰謝料など金銭に関する支払いの取り決めをきちんとしておく必要があります。

多くの場合、夫婦の一方から一方へお金が支払われます。短期間にまとめて支払われるお金を「一時金」と呼び、慰謝料や財産分与がこれにあたります。定期的に支払われるお金を「定期金」と呼び養育費などがこれにあたります。情などで金銭の授受を書面などで取り決めなかったために離婚後に結局途中で支払われなくなったりするケースもあります。そうならないためにも金銭に関してはきちんと書面で取り決めをしておくほうが割りきって支払われるのではないかと思います。実際、きちんと取り決めをした夫婦の支払い率は高いそうです。

離婚後の生活は厳しくなる可能性が大きいので、離婚するときには金銭に関してはきちんと取り決めをしておくことをおすすめします。
スポンサーサイト

  • コメント : -
  • トラックバック : -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。